着手金とは

弁護士に交通事故の問題を頼むならばについて考えましょう。これから弁護士に依頼する際には着手金を支払う必要があるのです。基本的に弁護士というのは着手金を支払ってからでないと行動してくれません。着手金というのは基本的に返ってこないことを覚えておきましょう。たとえその弁護士の仕事に不満を感じたり、弁護士を解任することになったとしても、着手金は戻ってこないのです。

この着手金については相手方に対してどのくらいの請求をするのかによって変わってきます。かなりのお金を回収できる見込みがあるならば、着手金もそれなりの額がかかってしまうのです。事故が起きた直後であり損害額が不明な場合には、その時点で得られる情報から判断して見込額を割り出して、それから着手金が定められることになります。もし請求額がそれほど高額にならない場合には無料で請け負ってくれるところも多いです。着手金は最低金額が10万円程度となっており、交通事故の場合は20万円前後となることが多いようです

交通事故については無料相談をしてみてどのくらいの着手金がかかるのかを聞いておくと良いでしょう。それぞれの状況に応じてかなり変化してしまうのです。分からないことはどんどん質問しましょう。