着手金とは

弁護士に交通事故の問題を頼むならばについて考えましょう。これから弁護士に依頼する際には着手金を支払う必要があるのです。基本的に弁護士というのは着手金を支払ってからでないと行動してくれません。着手金というのは基本的に返ってこないことを覚えておきましょう。たとえその弁護士の仕事に不満を感じたり、弁護士を解任することになったとしても、着手金は戻ってこないのです。

この着手金については相手方に対してどのくらいの請求をするのかによって変わってきます。かなりのお金を回収できる見込みがあるならば、着手金もそれなりの額がかかってしまうのです。事故が起きた直後であり損害額が不明な場合には、その時点で得られる情報から判断して見込額を割り出して、それから着手金が定められることになります。もし請求額がそれほど高額にならない場合には無料で請け負ってくれるところも多いです。着手金は最低金額が10万円程度となっており、交通事故の場合は20万円前後となることが多いようです

交通事故については無料相談をしてみてどのくらいの着手金がかかるのかを聞いておくと良いでしょう。それぞれの状況に応じてかなり変化してしまうのです。分からないことはどんどん質問しましょう。

弁護士相談のポイント

これから弁護士に交通事故について相談しようと思っているならばポイントがあります。まず弁護士には得意分野があることを理解しましょう。交通事故の問題について専門に扱っているところに相談するべきです。それぞれの弁護士や法律事務所が何を専門としているのかはホームページにしっかりと記載されているためそちらを確認しましょう。どのような問題も万能に扱うような法律事務所もあるのですが、そこよりも交通事故問題に特化したところの方が実績があるため信頼できるでしょう。

弁護士に依頼するタイミングとしてはできるだけ早い方が良いでしょう。そうすれば適切な対応を取ってもらいやすくなります。たとえ怪我を誰もしていない物損事故のようなケースであっても、弁護士に相談することはおすすめです。その場合でもできるだけこちらの不利にならないような交渉を進めてくれるからです。

無料相談を実施しているところはたくさんあります。とりあえず話を聞いてみることをおすすめします。分かりやすい説明をしてくれて親切な弁護士に依頼しましょう。料金体系が明確になっていることも重要です。訴訟経験が豊富にあり、過去に問題を解決してきた実績のあるところに頼みましょう。参考に、交通事故の相談を行っている“弁護士法人アディーレ”は、「弁護士費用特約」が付いている自動車保険や損害保険に加入していない方は着手金が無料です。また、同様の条件であれば何度でも相談は無料で受け付けています。

交通事故の相談

交通事故は毎年どのような地域にも起きていることです。そのため自分には関係のない話だと考えていたとしても、ひょっとしたら交通事故に巻き込まれてしまう可能性は常に存在しているのです。交通事故にあってしまうと大きな被害が生じてしまう可能性があります。ひょっとしたら怪我をしてしまう可能性があったり、車が壊れてしまうこともあるでしょう。自分が加害者になるケースもあれば、逆に被害者となってしまうケースもあります。

交通事故が起きて保険会社や警察には連絡をしても弁護士を利用しようとしない方は意外とたくさんいるでしょう。保険会社に加入しているならば、そこにすべてを任せてしまえばあとは何もしなくても良いと考える方は多いのです。しかし、保険会社というのは被害者の味方というわけではありません。独自の基準に基づいて慰謝料や賠償金を計算するため、場合によっては被害者にとってかなり不利なケースもあるのです。そこで弁護士の出番となるのです。弁護士というのはあくまでも過去の裁判例に基づいて判断をしたり交渉をしてくれるのです。そのため客観的な立場から被害者のことについて考えてくれます。そのため交通事故の際に弁護士を頼ったことによって、提示された示談金額をはるかに超える額を請求することに成功したというケースがあるのです

こちらでは交通事故の被害が起きた時に弁護士に相談をする際のポイントについてまとめています。着手金のことについても説明しています。ぜひとも参考にしてください。